電話問い合わせ
メール問い合わせ

ブログ
…blog…

配偶者ビザっていつから更新すればいいの?

配偶者ビザっていつから更新すればいいの?

外国人配偶者の配偶者ビザ(日本人の配偶者等)は、更新する必要があります。

ビザには期限がありますので、期限が切れる前に更新する必要があります。。

外国人配偶者のみが申請

在留期間更新許可申請を申請は、外国人配偶者本人のみが入国管理局で申請して行うことができます。夫あるいは妻といえども、代理で行うことはできません。
専門家(申請取次行政書士)に依頼して、代理申請するという方法があります。

申請は概ね3か月前

申請は、在留期限のおおむね3か月前からできます。
入院や長期出張などの特別な理由があれば3か月前でも受け付けてくれることもありますが、万が一不許可になった時のことも考えて、できるだけ早く申請しましょう。

必要書類等 手続き

•在留期間更新許可申請書
•写真(4cm×3cm)
•日本人配偶者の戸籍謄本
•日本人配偶者の住民税の課税(または非課税)証明書
•日本人配偶者の納税証明書
•外国人配偶者の住民税の課税(または非課税)証明書
•外国人配偶者の納税証明書※外国人配偶者の扶養に入っている場合に必要
•外国人配偶者の身元保証書(日本人配偶者が保証人になります)
•日本人配偶者の住民票(世帯全員の記載のあるもの)
•パスポート(申請時に提示するために必要です)
•在留カードまたは在留カード(申請時に提示するために必要です)

在留期間更新許可申請書と外国人配偶者の身元保証書は自身で作成します。
他の書類は、各役所で集めることになります。
書類が集まったら、いよいよ申請です。
外国人ご本人が平日の月曜日~金曜日の午前9時から午後4時までに、入国管理局に出頭する必要があります。
申請書類は返却されませんので、コピーしておいて控えは必ず取っておきましょう。申請してから、結果が出るまでは、一概にいう事ができませんが、1カ月~2カ月はかかると思ったほうがよいです。
更新の結果はハガキできます。

更新のハガキがきたら

許可されたときの指定された期限までに通知のハガキを持って、必ず、外国人配偶者本人が入国管理局に行ってビザを受け取ります。

持参物
①通知のハガキ
②旅券(パスポート) (旅券に代わる証明書または在留資格証明書)
③在留カード
④収入印紙4,000円(郵便局や入国管理局にある売店で買うことができます)

残念ながら、不許可になった時は、ご自分での申請は諦めて、即、専門の行政書士に相談して、一緒に入国管理局に理由を聞きにいきましょう。

行政書士に頼むことのメリット

自身でやるとしたら、外国人の配偶者本人が、平日の日中に入国管理局に2度も(申請・受理)に行くことになりますが、入管窓口は、慢性的に混雑しており、半日が潰れることもあります。申請取申請取次行政書士に依頼すれば、その必要が全くなくなります。

婚姻当初から状況が変わった場合(失業してしまった、別居した等)、その他の個別的な事情がある場合は「理由書」「状況説明書」などの書類で状況を説明する必要があります。
入国管理局から疑念を持たれて指摘を受ける前に、適切な書類をこちらから出しましょう。

最終ゴールは永住

最終ゴールの「永住ビザ」を見据えた配偶者更新ビザ申請を行うことが必要です。。
いずれは取得したい「永住ビザ」を見据えた場合、配偶者更新ビザの段階から入国管理局からの信用を築いておく必要あります。専門家に頼むことで、有利と思われる条件は積極的にアピールすることができます。

.

   
Translate