電話問い合わせ
メール問い合わせ

ブログ
…blog…

大学・専門学校を卒業した留学生が,卒業後,「就職活動」を行うことを希望する場合

大学・専門学校を卒業した留学生が,卒業後,「就職活動」を行うことを希望する場合

大学・専門学校を卒業した留学生が、卒業までに就職する会社を決めることができず、卒業後も就職活動を続ける場合は、留学から特定活動という在留資格への変更を行います。
6ヵ月で、更新が1回で、最長1年までの更新が可能です、1年の更新期間が満了した後は、更新することはできません。就職が決まり、即入社が決まった場合は、特定活動から技術・人文知識・国際業務への変更申請を行います、

※対象は,次のいずれかに該当する者となります。
1  継続就職活動大学生
2  継続就職活動専門学校生

<提出資料>

①申請人の在留中の一切の経費の支弁能力を証する文書(送金証明書、通帳の写しなど)
②(直前まで在籍していた大学・専修学校の)卒業証書(写し)または卒業証明書
③ (直前まで在籍していた大学・専修学校による)継続就職活動についての推薦状
④ 継続就職活動を行っていることを明らかにする資料
(企業からの選考結果の通知等、ハローワークの登録カード)

「特定活動」の在留資格が許可中であれば、「資格外活動の許可」を得たうえで、週28時間以内のアルバイトをすることができます。ただし「特定活動」の期間中は週28時間以内が上限です。在学中の夏休みなどの「1日8時間以内」の拡大はありません。

「特定活動」の期間中に、企業から内定を受け、翌4月から入社する場合などで、日本の滞在を希望する場合は、就職活動中の「特定活動」から、採用内定の「特定活動」への変更申請の必要があります。その場合は、採用企業からの「内定証明書」などを提出する必要があります。
この場合も、「資格外活動の許可」を得て、週28時間内のアルバイトをすることもできます。

   
Translate